普段から川崎の割り切りは大変だ

ある日、PSPが失敗しました。
十字キーがなかなか触れず、川崎の割り切り左ボタンを押さなくても押し続けました。
私は困っていました…モンハンは一緒にやるべきことです。当時はかなり活動的でしたが、十字キーが悪いので視点がぐるぐる回っている間、頑張ってハントに参加しました。
しかし、大変になって修理に出してみました。
一方、修理代を聞いたところ、頭を下げすぎた。
川崎の割り切り
私が心配していた…
「私はこれが好きではありません。ボタンとの接触が悪いです。たぶん、少しの癖があっても料金はかかりません…自分で開けますか?…しかし、ソニーのゲームコンソールはルールです。自分で修理すると、もう修理されません…どうしますか?!!]

あえて自分で開けた!


どういうわけか私の髪が引っかかった。川崎の割り切り
癒されました。

「持っている、持っていない」
世界中
「持っている」と「持っていない」
存在します。
川崎の割り切り
今日は自分が「嫌い」だと気づきました。

…川崎の割り切り
車の助手席のストラップのようなものです。
普段は運転席に座っているので持っていませんが、今日は助手席に座って突然気づきました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です