川崎では特に出会いはそんな感じです

それは川崎クラブの掘り出し物のようなものです。

誰が言っても、彼はすでに良い「おじ」です。

関西では、私のような中年男性は「おじさん、おじさん」と呼ばれています。

関西以外で使われているのかもしれませんが、軽蔑の言葉です。

川崎、特に大阪では、「おじさん、おじさん」は魅力的な名前です。

関東には「おじさん」しかいません。

以前は「老人」という言葉がありましたが、今ではほとんど死んでいます。

しかし、「おばさん、おばさん、おばさん」はキチンのようです。

大阪では、子供は主に「おじさん」と呼ばれています。

下町の教育水準の低いシトガ…(笑)、子供はそんな感じです。

そのまま成長している子供であるバカな女の子でも「お茶ん」と言う。

さて、これは国の地区ですが、叔父は彼の親戚が使用する言葉です。

その川崎も歌に登場します。

「おじさん-おじさん-どこへ行くの?♪」

どんな歌なのか忘れてしまいましたが、このような普通の会話

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です