明確な健康診断だった川崎の出会い

私は気づいていなかったという明確な動揺表現を持っていました…。

昨日会社で健康診断を受けた私さん

川崎の出会いビジネスマネージャーT
「ああ、私は2階に行くよ」

川崎の出会い私さん
“….なぜ?”

ビジネスマネージャーT
「健康診断だから…」

 

 

 

私さん
「……?」

経営者
「……」

私さん
「あし…私」

経営者川崎の出会い
“今日!”

私は1日間違えた
したがって、アンケートと尿検査サンプルは自宅に残されます

緊急アンケートと尿検査容器があることで
私はそれらを受け取り、それらを見ることにしました

トイレに行き、尿サンプルを入手してください川崎の出会い

2階に上がる前に、Oとフォークリフト操作から仕事をするように昇進されたマネージャーは、お互いを追い越します

私さん
「おお、私はまだ暖かい」と喜んで見せながら、O氏に尿サンプルを見せる(私は茶色の袋に入っている)

2階に上がって受け入れる

受付婦にアンケートをしてください。

受付女性
「はい、私は私です」

受付婦人が私に配った

受付女性
「じゃあ、尿をください。」

私は一生懸命見上げている間当惑した表現を引き起こす…

つい先ほど営業所長に見せた笑顔のほこりを感じさせない表現です。 。

私が思ったのは、私が受け入れ女性に愚かな訴えを訴えたということです。

私さん川崎の出会い
「すみません、まだ暖かい(汗)(集中)」

私は落ち着いて
医療従事者はそれを気にしないので
関係ないので

考えずに理解できる
私(泪)
無味無差別のトップディッシュを飾る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です