うんざりしている人生に川崎で出会いがある

「フローティング」と「ピン止め」が適用されるとも言われています。

並外れた美しさと言われる小野こまちは、人生に苦しみ、苦しんでいるとなじみがあると感じます。川崎で出会い

私は年をとるにつれて、私はしばしば悲惨さを歌います。

また、言語で

川崎で出会い
「忘れます

ここに来て

とにかく川崎で出会い

うさははははできません

それはすべて物事についてです

私は九州の宇佐に来ました。悪いことを忘れることを考えていましたが、どこへ行ってもやりにくいのです。

世界がうんざりしていたために九州に行った人の物語。
あの人は街に残った女性に歌いました。

「宇佐」は「悲しみ」にさらされています。

あなたが古代の人々が今日の人々と同じ心の悩みで暮らしていると思うならば、

 

あなたが一人ではない場合

あなたは安心しませんか?川崎で出会い

ルリヂサ人生のように

私に惹かれるのは歌です。

さあ、強いイノシシ

川崎で出会い生きている

行こう。

私は古代人の指導に感謝します

私はしばらく前に里親を探していたグループに行きました

今日は猫だけで犬はいなかった

駅コンビニでたばこを買うしか手伝えないので、たまたまグループのところで姉と会いました

今日犬がいないと聞いたら…紀州くんは彼が死んだという衝撃的な発言をしています…川崎で出会い

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です